2020/11/16 07:11

生放送が心配...『NHK紅白歌合戦』司会に大泉洋「大問題」「前科アリ」危惧する声

大泉洋

11月10日、毎年恒例の年末の一大イベント「NHK紅白歌合戦」の司会者が発表された。総合司会は4年連続でウッチャンナンチャン・内村光良と、2年ぶり3度目の桑子真帆アナウンサーが担当。紅組の司会は女優の二階堂ふみ。白組の司会は俳優の大泉洋。ともに初めての抜擢となった。大泉は「しゃべりすぎて、年を越してしまうという失態だけを気をつけて命がけで頑張ります」と、お茶目なコメントを残している。しかし大泉のこの言葉、決して冗談とは言い切れない。実際に大泉が「尺を守れない男」であることを危惧する声が上がっているのだ。「大泉は2017年に『第59回ブルーリボン賞』の司会を担当。そこでは、冒頭からマシンガントークを炸裂。3分以上、ともに司会を務めた有村架純を差し置いてほぼ1人でしゃべり続けていました。ネット上には『紅白白組司会大泉洋? 唯一の心配は尺を守れないところ』『もういっそ尺なんか気にせずやったほうが視聴率は良くなりそう』という声も上がっています」とスポーツ紙記者は話しているとアサジョは報じた。

大泉洋「紅白司会抜擢」で浮上した“前科アリ”の大問題とは? – アサジョ大泉洋「紅白司会抜擢」で浮上した“前科アリ”の大問題とは? – アサジョ

編集者:いまトピ編集部