2020/11/9 07:06

大ブレイク間近も...「声がいまいち」の声、殺到!「〇〇の歌い方に似てる」違った意味で話題に

悩む

10月25日に新曲「ICE CREAM」が配信され、今年4月からリリースした計4作品が全てiTunes Storeのランキングで1位を獲得したのは、5人組の音楽グループ・WITHDOM(ウィズダム)。力強く、それでいて涙を誘うその歌声は、ネット上でも、「もっと売れていいグループ!」などと評価されており、大ブレイク間近ともウワサされている。その中で、あの有名格闘家でYouTuberの朝倉未来とカラオケに行ったことをツイッターで報告し、ファンを騒がせたボーカル・Ryo(リョウ)のYouTube動画が、「違った意味で話題となっている」と、音楽ライターが話す。「Ryoが自身のYouTubeチャンネルに初めて投稿した『歌ってみた』動画に、視聴者から『声がいまいち』というコメントが殺到したんです。その歌声はあの朝倉未来も絶賛するほどクオリティの高いものでしたから、『この人の歌のどこがイマイチなの?』などと、首をかしげる視聴者も多かったようです。しかし、この話にはウラがあり、彼が歌っていたのは三代目JSOUL BROTHERSの花火という曲で、『いまいち』というコメントは、『メンバーの今市隆二の歌い方に似てる!』という意味だったんです。現在、この動画は205万回再生されており、チャンネル自体の総再生回数は3000万回を超えており、音楽業界からも注目されています」 WITHDOMの公式YouTubeチャンネルには、ほかにも東方神起やEXILE、そして安室奈美恵や一青窈など、多岐に渡るカバー曲が多数投稿されていると日刊サイゾーは報じた。

朝倉未来も絶賛した実力派グループ『WITHDOM』に“イマイチ”の声が殺到したワケ|日刊サイゾー 朝倉未来も絶賛した実力派グループ『WITHDOM』に“イマイチ”の声が殺到したワケ|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部