2020/11/1 07:40

番組もすべて終了、姿も見なくなり「実質的な引退」へ...『水曜日のダウンタウン』では「全カット事件」自宅を訪ねるが、すでにもぬけの殻

疲労

「ラジオ番組もすべて終了。姿も見なくなり、実質的な引退と言われています」と在阪テレビ局関係者は話す。板東英二(80)が消えた――大ベテランタレントの去就をめぐり、在阪のテレビやラジオ局関係者たちがざわついている。近年の活動はラジオが主体となっていた板東。だが最近、彼の異変を感じたと旧知のテレビ関係者が語る。怒りっぽくもなっていたといい、そのひとつが昨年6月「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の「全カット」事件。行われたドッキリ企画で、生放送を妨害する一般人に対し、リポーターとしてどう対応するかというものだったが…「もともと怒りっぽい人でしたが、スタッフが間に入らなくてはならないほど一般人相手に凄み、放送できないと判断された」また、今年3月から6月末にかけ、6つあったラジオの冠番組のうち、3つが相次いで終了。そして7月、転倒し頭部を強打する事故が起きてしまった。「通算9年続いた『板東英二のおばあちゃんと話そう』を放送するMBSラジオにマネージャーが出向き、『体調面から、これ以上続けることはできなそうです』と降板の意向を伝えた。引退をも感じさせるトーンだったそうです」と在阪ラジオ局関係者。板東の自宅を訪ねたが、すでにもぬけの殻。10月、引っ越し業者が荷物を運び出し、引き払ったというとライブドアニュースは報じた。

姿見なくなった板東英二は仕事をセーブ中 関係者「医師の許可次第で復帰」 - ライブドアニュース姿見なくなった板東英二は仕事をセーブ中 関係者「医師の許可次第で復帰」 - ライブドアニュース

編集者:いまトピ編集部