2020/11/1 07:09

渡部建並の嫌われ...「出てくるのは悪口ばかり」かばうような声は出てこず、業界全体を敵に回す...

NG

ひき逃げの末、逮捕された俳優の伊藤健太郎。30日にようやく留置先の警視庁東京湾岸署から釈放された伊藤は、スーツ姿で報道陣の前に現れ深々と頭を下げた。「29日に事件が発覚して以降、伊藤に関する悪評が一気に噴出しました。ひき逃げ事故の詳細だけでなく、伊藤の日頃の素行に問題があったことなどが、ワイドショーでも散々報道された。大きな事務所のタレントが事件を起こした場合は、事務所サイドがテレビ局に“報じる際はお手柔らかにお願いします”とお願いしに行ったりするんですけど、伊藤の事務所はそういうケアに手が回らなかった」と芸能記者。伊藤が抱えていた仕事は映画、テレビ、CM、舞台と数が尋常じゃなく、各所が今も対応に追われている。伊藤をかばうような声は出てこず、業界全体を敵に回してしまっている状況だ。芸能記者は「取材を進める中でも『撮影現場での態度も悪かった』とか、『タバコ臭くてスタイリストに嫌われてた』とか、そんな話ばかり聞こえてきました。これで思い出すのはアンジャッシュの渡部建。渡部の不倫報道が出た時も、取材先で出てくるのは悪口ばかりだった(苦笑)。打って変わって東出昌大の不倫騒動の際には、『昔は遊び人だったけど、根はいいやつだ』という証言もありました。やっぱり日頃の行いが、こういう有事の時に響いてくるんですよね……。これは芸能事務所の人が口揃えて言うことなんですけど、結局芸能界で生き残るのは謙虚さを忘れない人なんですよ」
と続けた。すっかり「嫌われ者」のイメージになってしまった伊藤だが、果たして今後俳優として復帰できるのだろうかと日刊サイゾーは報じた。

伊藤健太郎「悪評ばかり出てくる」アンジャッシュ渡部並みの“嫌われ力” 復帰はいばら道か|日刊サイゾー 伊藤健太郎「悪評ばかり出てくる」アンジャッシュ渡部並みの“嫌われ力” 復帰はいばら道か|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部