2020/10/28 17:24

違和感...きのう放送『news zero』かたくなに名前を隠し...職業差別か「都合が良すぎる」

うなじ

東京・目黒区のタワーマンションで10月26日、女性宅に宅配便業者を装った強盗が押し入り、現金600万円を奪っていった事件。すでに犯人の少年3人は逮捕されたが、その事件を報じるニュース番組に違和感を覚えた人が少なからずいたようだ。それは、10月27日放送の「news zero」。同番組では被害者に直撃取材を行い、本人が顔出しで出演し、約4分半の映像では半分ほどが被害者自身による状況説明となっていた。ところが、この被害者である里美ゆりあはデビュー12年目の艶系女優で、2011~2013年には恵比寿マスカッツの一員としてバラエティ番組にレギュラー出演していたこともある有名人だ。番組では一貫して『タワーマンションに住む強盗の被害者(30代)』との肩書で紹介。あくまで“一般人”扱いだった。しかし里美の名前はすでにスポーツ紙の記事で公表されており、Yahoo!ニュースにも掲載。被害者が里美であることをかなり多くの人が認識できる状態であるにもかかわらず、かたくなに名前を隠し続けたような形になっていた。彼女が一般の女優だったら何の問題もなく実名を出していたはず。結局、艶系女優だから名前を伏せたということなんじゃないか。しかしそういう番組方針なのであれば、本人に取材した映像を使うのは都合が良すぎるというもの。被害者本人が登場というオイシイ画だけを使い、名前のほうは謎の基準で伏せる。そうだとしたら、まさにダブルスタンダードであり、職業差別的な感覚もにじみ出ていると感じる視聴者も多かったのではないだろうか、とアサ芸プラスが報じた。

タワマン強盗事件、「news zero」が被害者の現役人気艶系女優を無名扱い! | アサ芸プラスタワマン強盗事件、「news zero」が被害者の現役人気艶系女優を無名扱い! | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部