2020/10/27 15:20

現場は混乱、『しゃべくり007』でハプニングが発生…!本人を目の前に「すみません…すみません…」

ライフスタイル

26日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、歌手・中島美嘉が出演。
番組では、中島のものまねができるお笑いタレントたちが本人の前でものまねを披露する企画が実施されたのだが、トップバッターを務めた芸歴7年の大納言光子は、「『雪の華』でどんどん貞子になっていく中島美嘉」というネタを披露する予定が、「すみません、歌詞飛びました…すみません…」と、本人を目の前にして歌詞が飛んでしまうハプニングが発生。
現場が一時混乱する中、中島は大納言に「サビですか?」と声をかけ、「最初です…」と言われると、歌い出しの歌詞をそっと教えた。
その後、大納言は無事にパフォーマンスを披露することができたが、大納言のものまね芸はいわゆる「誇張ものまね」であり、場合によっては中島サイドから嫌がられる可能性もあった。
だが、中島は大納言のものまねを終始爆笑しながら見守り、最後には大納言のものまねを公認していており、中島のこの対応に、視聴者からも「パッと歌詞教えてあげて優しいね」「笑った顔もかわいすぎ」といった声が上がっていたという。
また、番組放送後には大納言も自身のツイッターを更新。「ど緊張で歌詞忘れた私に『どこからですか』と優しく教えてくださった中島美嘉さん御本人様からものまね公認頂きました! 懐の広さに感動です(原文ママ)」と、改めて中島への感謝の言葉をつぶやいていたと「ニュースサイトしらべぇ」が報じている。




“ご本人”の目の前でものまね芸人が失敗… 中島美嘉の対応が寛大すぎた – ニュースサイトしらべぇ“ご本人”の目の前でものまね芸人が失敗… 中島美嘉の対応が寛大すぎた – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部