2020/10/27 11:21

まるで『ヘキサゴン』至高の...唖然、人気大爆発か

うなじ

NMB48の渋谷凪咲が10月20日放送の「そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?」に出演し、ギタリスト・布袋寅泰の名前を誤読する場面が話題を呼んでいる。困惑しながら「うぶくろろうしょう」と天然回答。この衝撃の誤読っぷりにはスタジオでも爆笑が起こり、SNSには「凪ちゃん最高!」「面白すぎ」との反応や「まるで令和版クイズヘキサゴンみたいな番組!」「なんちゅう読み方」といった声が上がっていた。過去には捨て犬のトイプードルを飼いたいと、街中を探し歩いたが、“全然捨てられてなかった”とも嘆いたことがある渋谷。グルメ企画では神戸牛の肉まんをひと口食べた感想として、『すき焼きよりもすき焼き』『ひと口だけどひと口じゃない』などとミステリアスな表現で共演者を唖然とさせた。他にも『富士山の標高は、3500キロメートル』『アメリカの首都は、ユナイテッドアローズ』『牛を英語で言うと“ギュー”』といった珍回答の歴史があり、渋谷を知るファンであれば、『布袋寅泰』の漢字を読めるはずがないと考えているかもしれない。ネットでは、お笑い芸人を見るくらいなら渋谷を見ていた方が笑えるとの称賛も出ており、令和のおバカタレント女王として今後は人気が大爆発する可能性がある、とアサジョが報じた。

「布袋寅泰=うぶくろろうしょう」だけじゃない!NMB48渋谷凪咲の至高の迷言 – アサジョ「布袋寅泰=うぶくろろうしょう」だけじゃない!NMB48渋谷凪咲の至高の迷言 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部