2020/10/23 15:44

急転!山口達也、『株式会社TOKIO』合流か

山口達也Amazon

 先月、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕され、処分保留のまま釈放された「TOKIO」の山口達也元メンバー(48)に“救いの手”を差し出すのは、来年4月から本格始動する「株式会社TOKIO」となりそうだという。
来年3月いっぱいで長瀬智也がTOKIOを脱退、ジャニーズ事務所を退所し、それと同時に株式会社TOKIOが始動。リーダーの城島が社長、国分と松岡が副社長に就任。ジャニーズの関連会社として、これまでより自由に動くというが、TOKIOに残った3人が新会社にこだわった理由は、決してジャニーズと距離を置きたいわけではなく、今まで以上に福島県の復興に力を注ぎたいから。
だが、一つ問題が浮かび上がったといい、それは福島の復興支援をする上で、実際に動く人材がいないということ。メンバーもできるだけ稼働するつもりだが、芸能活動があるだけに時間が足りないため、そこで“白羽の矢”が立ったのが山口元メンバーだという。
テレビ局関係者は「福島の役所関係や地元企業と交渉するにあたって、TOKIOのメンバーが直接乗り出すのは現実味がない。そこで山口なんです。それこそほかのメンバーと同じくらい、いやそれ以上に福島への思いは強い。顔を知られているので、話し合いもスムーズにいくでしょう。目的の一つである福島復興支援を株式会社TOKIOで実現させていくためにも、山口は必要不可欠な人材だと考えているようです」と話しており、現在は酒気帯び運転にどういう処分が下るか待っている身だという。
芸能関係者は「山口が退所した後も、ジャニーズは連絡を取り続けていた。今回の事件後も関係が切れたわけではない。ジャニーズとして表面的に支えることはできないまでも、水面下では何かしら動いているそうですから、山口だって見捨てられたわけではない」と話していると「東スポWeb」が報じている。

急転!山口達也元メンバー 株式会社TOKIOに合流OK 復興支援に必要不可欠 | 東スポのジャニーズに関するニュースを掲載急転!山口達也元メンバー 株式会社TOKIOに合流OK 復興支援に必要不可欠 | 東スポのジャニーズに関するニュースを掲載

編集者:いまトピ編集部