2020/10/22 14:55

名言すぎる…加藤浩次、『スッキリ』でバッサリ!相次ぐ賛同の声「思っていたことをはっきり言ってくれた」

加藤浩次

22日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、学校のデジタル化について特集。
行事予定などの連絡手段の多くの割合が「学校からのプリント」である現状、子供がプリントを渡し忘れたり失くしたりするケースなどで困る保護者は少なくないが、そんな中、文部科学省が、保護者向けアンケートや欠席・遅刻連絡のオンライン化、学校便りのデジタル配信など「連絡手段のデジタル化」に向けた取り組みを進めるよう、全国の教育委員会などに通知。
だが、デジタル化に反対する声もあるといい、森圭介アナウンサーは、学校と保護者間の連絡を子供に担わせることによって子供に責任感が生まれるという親の意見を紹介。「電子化することで学校と親が直接繋がってしまうため、子供がその責任を得ることができない。だからプリントはあってもいいんじゃないか」と考えている親もいるとのこと。
この意見に対し、加藤浩次は「プリントだけで責任は芽生えませんよ!」とバッサリ。「日々の色々なことですよ。朝ちゃんと起きるとか、休日もちゃんと起きるとか、友達との約束を守るとか…。プリントだけなくなっても責任感が生まれる場所はいっぱいありますよ」と語気を強めていたという。
プリントを渡すこと以外でも責任について教育する機会はたくさんあるという加藤の発言に、SNS上では「思っていたことをはっきり言ってくれた」「名言すぎる」「加藤さんに完全同意」と共感するユーザーが相次いでいたと「ニュースサイトしらべぇ」が報じている。

加藤浩次、子供の責任感めぐる話題で親をバッサリ 「名言すぎる」と称賛も – ニュースサイトしらべぇ加藤浩次、子供の責任感めぐる話題で親をバッサリ 「名言すぎる」と称賛も – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(加藤浩次|男性|1969/04/26生まれ|O型|北海道出身)