2020/10/22 13:07

「番組の構成に納得がいかない」生放送中に発言、緊張感に包まれるスタジオ…きょう『バイキング』、小出恵介の特集で…

フジテレビ

22日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」では、17年6月に未成年女性との飲酒などが報じられ、無期限活動停止となり、今年8月にMISIAの事務所に所属し本格的に活動を再開した俳優・小出恵介について特集。
番組独自秘話として、小出が「なんでもやらせてほしい、通行人でも構わない」と一から俳優活動をスタートさせていることなどを紹介した。
この件に関して俳優・坂上忍は「現実として、小出君ははめられたんじゃないかと一部報道がありましたが、その真実というものに対して明らかにする行動が無かったのは事実」と、小出が会見などで本人の口から事情を説明することをしなかったことを指摘。
その上で、今回の特集が小出の再起を応援するような流れになっていることに「このコーナー自体の構成にはなはだ疑問」「そこら辺を抜きにしてどうやって小出君頑張れと…」と疑問を口にした。
 坂上は、会見をしなかった小出を責めているのではなく、小出を応援するような流れとなっている番組の構成に納得がいかないようであり、「この根幹無くして彼を語ることはできない」と発言。
小出については「ぼくも会ったら好きになっちゃうだろうなと思う」としたが、「ただこういう番組やっていると、極力うそはつきたくない」「何年間か、レギュラーの人から無理矢理言葉を頂き、きつい事も言って頂いた中で、これにすんなり『はい、わかりました』と、乗っかれと言われても50過ぎてそんなことはできない」と言い切り、スタジオも緊張感に包まれていたと「デイリースポーツ online」が報じている。

坂上忍、バイキング小出恵介特集に疑問「一番の根幹抜けてる」スタジオも緊張感/芸能/デイリースポーツ online坂上忍、バイキング小出恵介特集に疑問「一番の根幹抜けてる」スタジオも緊張感/芸能/デイリースポーツ online

編集者:いまトピ編集部