2020/10/20 15:49

19日、『さまぁ~ず論』で衝撃の告白…「正直『Qさま』ずっとヤメたかった。それをずっと言いたかった」「本当にツラかった」語られた本当のワケ

QさまAmazon

19日深夜放送『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)に、かつて『クイズプレゼンバラエティ Qさま!!』(同局)で共演してきた南海キャンディーズ・山里亮太が出演。
南キャンのブレーク直後、2005年ごろの『Qさま』での共演以来、ほとんどさまぁ~ずと共演の機会がなかった山里は、「正直『Qさま』ずっとヤメたかった。それをずっと言いたかった」と本心を吐露した。
山里は「『Qさま』はすでに番組の形が作られており、レギュラーだったアンタッチャブルやロバートらのなかに「吉本興業のゴリ押しで途中参加した」「本当にツラかった」と当時を振り返った。
現在はクイズ番組にリニューアルされた『Qさま』だが、当時は芸人がクイズをプレゼンするロケVTRを、さまぁ~ずが鑑賞するバラエティ色の強い番組であり、山里は「今だから聞ける。『Qさま』時代の南海キャンディーズを面白いと思っていました?」とお笑い強者に囲まれた若手時代の山里についてさまぁ~ずに尋ねた。
三村マサカズは、山里の苦悩を「全然わかんなかった」と告白。
山里はアンタが盛り上がったあとの恐怖を思い返し、「同じクイズのロケをやって、クイズの出し方を褒められた。ロケは面白くなかったんだろうなって」と先輩との力量の差を痛感していたと嘆いたが、これに三村は「全然気にならなかった。南海キャンディーズに期待もしていなかった」とド直球の本音を漏らしたため、山里は「時を超えてダメージでかい」とさらにショックを受けていたと「ニュースサイトしらべぇ」が報じている。

山里亮太、『Qさま』レギュラー時の本音を暴露 「ずっとヤメたかった」 – ニュースサイトしらべぇ山里亮太、『Qさま』レギュラー時の本音を暴露 「ずっとヤメたかった」 – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部