2020/10/20 13:03

「一生後悔しつづけろ!」包丁を持ちタレントの恋人を3時間罵倒、逮捕「体はあざだらけでした…」

パトカー

8月9日午前0時30分ごろ、交際相手の男性から暴行を受けているとの通報があり、女性が提出した被害届を受けて、9月7日、男が傷害罪容疑で逮捕された。
この事件の加害者は、サッカーJ1の「ベガルタ仙台」に所属するMF・道渕諒平(26)であり、被害者の女性は、地元放送局の情報番組で活躍するタレント・H美さん(27)。
道渕とH美さんは2019年5月、SNSで知り合い、1カ月後には交際に発展したが、道渕によるDVで、徐々にH美さんは追い詰められていった。
知人は「交際から3カ月たつと、彼が日常的に暴言を吐くようになったのです。たとえば、『お前なんて、顔だけで生きてきたくせに』『俺は努力して成功したけど、お前は怠惰だから売れない』。
束縛も酷く、LINEの返信が5分遅れただけで『無視??』など、数十通もメッセージが届くと怯えていました」
「彼女の体は、あざだらけでした。胸倉を掴まれ投げ飛ばされたり、首を絞められたり……。山の中で車から降ろされ、置き去りにされたことも。
彼とのビデオ通話の映像を見せられ、相談を受けたこともあります。道渕がみずからに包丁を突きつけ、『俺の気持ちを踏みにじりやがって! 死んでやるから見てろよ、一生後悔しつづけろ!』と3時間も罵りつづけるんです。常軌を逸しています……」
と話しており、H美さんが別れを切り出すと、「死んでやる!」と暴れ、手がつけられない状態になったという。
ユース時代から道渕を知るサッカー関係者は
「仙台駅で、泣き叫ぶH美ちゃんを、道渕が車に引きずり込むのを見かけたことがあった。後日、道渕本人に注意したら、彼女がチクったと勘違いしたのか、3時間以上も彼女が罵倒されたと聞いた」
とコメント。H美さんは、道渕を怒らせないよう努めたが、それがまたDVに拍車をかけていたと「 Smart FLASH」が報じている。

ベガルタ仙台MF選手が「交際相手にDV」で逮捕…女性タレントの顔を蹴り、包丁を振り上げても公表されず | Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]ベガルタ仙台MF選手が「交際相手にDV」で逮捕…女性タレントの顔を蹴り、包丁を振り上げても公表されず | Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]

編集者:いまトピ編集部