2020/10/20 09:01

三浦春馬さん「他殺説」浮上

三浦春馬

7月に亡くなった俳優・三浦春馬さんをめぐり、ネット上で“他殺説”が流れていという状況を、15日発売の「週刊新潮」が報じた。〈ファンは真相究明の嘆願書名 「三浦春馬」 他殺説が流れる元凶は「事務所」〉の大見出しで特集している。当初「遺書があった」と報じられたものが「遺書のようなノートがあった」に変わり、後日、三浦さんの所属事務所「アミューズ」が公式見解として「遺書はなかった」と発表。これが「じゃあ、遺書もないのになぜ自殺と断定できたのか?」とファンの疑念を深める結果になっている…と指摘するものだ。ネット上では真偽不明の情報が氾濫し、三浦さんが最後に撮影した連ドラ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の撮影現場で暴行や嫌がらせを受けていたのではないか? という明らかな“ガセ情報”も拡散。あまりにも悲しすぎる若いスターの自死。衝撃に比例して、その余波もあまりに大きい、と FRIDAYデジタルが報じた。

署名活動にまで発展した三浦春馬さん「他殺説」がはびこる背景 | FRIDAYデジタル署名活動にまで発展した三浦春馬さん「他殺説」がはびこる背景 | FRIDAYデジタル

編集者:いまトピ編集部