2020/10/19 22:41

ゲスすぎ、生々しすぎるLINE…不倫「既婚者だとは知らなかった」自殺未遂、マスコミが報じない理由

デート

10月13日発売の「FLASH」が、ブラザートムの不倫騒動を報じた。‘16年に起きた熊本地震の復興支援を行うNPO法人の代表の女性と、4年間に渡り遠距離不倫をしていたという。女性は当初、トムが現在も既婚者だとは知らなかったものの、既婚者と明かされてからもズルズルと不倫関係を継続。そのうちにモラハラに耐え切れなくなり、自殺未遂を図ったと明かした。
所属事務所は、トムの不倫を全面的に認め“大変申し訳ない"と謝罪。女性が提供した生々しすぎるLINEの画面など動かぬ証拠を持っているため、「観念した」という表現が正しいのかもしれないという。
ワイドショー関係者は「週刊誌発売前日の早刷りの段階で、トムの所属事務所は、マスコミ対策に動いていました。スポーツ紙やテレビ局担当者に連絡して“扱わないでください"とお願いもしていたようです。トムさんが所属する大手芸能事務所は、主演クラスの俳優をそろえていますから、ドラマ制作などにも影響が出てしまう恐れがある。それを嫌ってテレビ局側も、スキャンダルを扱わなかったのでしょう。まあ、今回報道されたLINEの内容もゲスすぎたので、なかなか放送に乗せられないという問題もあったのですが……」と話しているとFRIDAYデジタルが報じた。

ブラザートムの「復興モラハラ不倫」を大マスコミが報じない事情 | FRIDAYデジタルブラザートムの「復興モラハラ不倫」を大マスコミが報じない事情 | FRIDAYデジタル

編集者:いまトピ編集部