2020/10/19 11:22

時代遅れの極み...18日『行列のできる法律相談所』芦田愛菜に...悪意はなかったとしたもの

芦田愛菜

女優の芦田愛菜が、10月18日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。彼女の趣味をめぐる『フットボールアワー』後藤輝基のツッコミを、視聴者は「時代遅れの極み」などと批判している。番組冒頭で後藤は「本とか、すごい読むんでしょ」と、高校1年生で16歳になった芦田に読書習慣を聞いた。本が大好きで、読まないと落ち着かないほどという芦田は、細かな時間を活用して読書に励んでいると口にした。『アンジャッシュ』の児嶋一哉は「(週刊少年)ジャンプとか読まないの?」と唐突に質問。これに後藤が横やりを入れ、「せめて少女漫画とかにしましょうよ」とツッコミを入れた。少年漫画ではなく、少女漫画を読むか問うべきだと指摘するやりとりを、芦田は笑いながら眺めていた。視聴者は、後藤のツッコミには悪意はなかったとしたものの、芦田ら女子高校生が「漫画を読むならば少女漫画にするべき」との固定観念を持つのは、時代にそぐわないと批判しているとまいじつは報じた。

『行列』芦田愛菜への“質問”が「時代遅れの極み」「ジェンダー観がガチガチ」 - まいじつ『行列』芦田愛菜への“質問”が「時代遅れの極み」「ジェンダー観がガチガチ」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(芦田愛菜|女性|2004/06/23生まれ)