2020/10/18 16:41

10日放送『アメトーーク!』見た目イジリで大炎上 大御所タレントほど...「新鮮」大反響

ワンピース

9月10日に放送された『アメトーーク!』の企画、『若手女芸人』が大きな反響を呼んでいる。女性芸人を『見た目インパクト』『キレイ系』『トーク・ネタ』『リアクション』で分類するというコーナーがありました。出演していた『ラランド』のサーヤが指摘していましたが、数年前であれば『見た目インパクト』は『ブサイク』と表記されていたはずで、多様性を認める昨今の風潮が反映されていた。それが視聴者には新鮮だったようだ。吃音(きつおん)などの障害はもちろんのこと、ブス、デブ、ハゲなど身体的特徴を揶揄(やゆ)する言葉も大炎上するのでNGになりました。デブは〝ぽっちゃり〟や〝巨漢〟というふうに表現を変えて使うしかない。ベテランタレントほど時代に合わなくなってきています。感覚をアップデートできないと、いくら面白くても怖くてテレビでは使えない、とFRIDAYが報じた。

見た目イジリで大炎上…「令和のテレビ」の新しいルールとは | FRIDAYデジタル見た目イジリで大炎上…「令和のテレビ」の新しいルールとは | FRIDAYデジタル

編集者:いまトピ編集部