2020/10/18 08:56

「大女優かよ」なんか勘違いしてそう...『ルパンの娘』出演をドタキャン「実績があるわけでもないのに」

田中みな実

フリーアナウンサーの田中みな実が、NHKドラマへの出演によって「本格派女優」に華麗な転身を遂げようとしている。田中は今年8月、フリー転身後に長らく所属していた芸能事務所を離れ、広末涼子や戸田恵梨香らが所属する「女優系」の事務所・フラームに移籍。「移籍後初」の出演ドラマに注目が集まっていたが、脇役からのスタートとなると地味なようにも感じられる。「田中さんといえば、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話を描いたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)での“眼帯美女”の怪演が話題になりました。しかし、田中さんはもっと女優業に本腰を入れていきたいようで『もうイロモノ系は避けたい』などという気持ちがあり、脇役からの再スタートとなったようです」「実は、放送中の深田恭子さん主演のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の続編へのメインキャスト級での出演が決まりかけていたんです。ところが、事務所移籍後にドタキャンになってしまったようです」などとライターは話した。こういった裏事情が報じられると、ネット上では「実績あるわけでもないのにドタキャンって大女優かよ」「うわー、なんか勘違いしてそう」「イロモノ役が面白いから話題になってただけ。本気で演技されても…」などと厳しい意見が噴出したとエンタMEGAは報じた。

田中みな実、ドタキャンの裏事情|エンタMEGA田中みな実、ドタキャンの裏事情|エンタMEGA

編集者:いまトピ編集部