2020/10/1 11:04

あれ?見るたびに変わる…『Mステ』出演時も「別の人かと思ってたら本人だった」違和感

はてな

歌手の大塚愛が9月28日、自身のインスタグラムを更新。セルフカットしたというニューヘアーを披露したのだが、かつての姿とは〝別人級〟の近影に衝撃を受ける声が殺到している。19日には《最近の髪色遊び》として、胸下まである髪をグラデーションカラーにしていた大塚。今回公開された姿は、胸上あたりまでバッサリと切られたミディアムヘアー姿で、《自分で髪を切った。たのしい。かるい》とコメントし、セルフカットに挑戦したことを明かしている。この投稿にファンからは、どんな髪型もモノにしてしまう大塚のポテンシャルの高さや、手先の器用さを称賛する声が続出。しかしその一方、ネット上で注目を集めたのが〝大塚ならざる近影〟だったようで、《あれ? 知ってる大塚愛じゃない》《一瞬愛ちゃんって分からなかったです》などと驚きの声が多くあがっている。大塚といえば、8月21日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際も、様変わりした近影が話題に。特に、ぱっちり二重の目が違和感を際立たせていたようで、「歌声は変わらないのに顔の変化がすげー!」「別の人かと思ってたら大塚愛本人だった」などと視聴者の度肝を抜いていたとまいじつが報じた。

大塚愛“別人級”のイメチェンに動揺「知ってる大塚愛じゃない」 - まいじつ大塚愛“別人級”のイメチェンに動揺「知ってる大塚愛じゃない」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部