2020/9/29 19:35

28日放送『徹子の部屋』で号泣「もう必要とされていない」7月に、引退を決意していた

泣く

小柳ルミ子が、28日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。コロナ禍で一度引退を決意していたことを明かした。徹子から、「このコロナ禍で『引退しても』と思ったぐらいだったんですって?」と尋ねられると、不意の質問に彼女は言葉を詰まらせながら、「あの…徹子さんには分かっていただけるかもしれないが、やっぱり私たち芸能人は人気商売で、必要とされてお仕事いただけるわけで…」と声を震わせた。続けて、「もちろんコロナの事はわかってます。でもコロナであっても必要であったらオファーいただけると思うじゃないですか」と主張しながら、「それがやっぱりないという事は、もう自分に力がないんだな、皆さんに楽しんでいただける歌も踊りも芝居ももう必要とされてないんだなと思って、本当に7月はもう引退しようと決心していた」と回顧したとRBB TODAYは報じた。

小柳ルミ子、『徹子の部屋』で号泣!7月に引退決意していた「もう必要とされていない」 | RBB TODAY小柳ルミ子、『徹子の部屋』で号泣!7月に引退決意していた「もう必要とされていない」 | RBB TODAY

編集者:いまトピ編集部