2020/9/29 10:57

酷すぎる…『とくダネ』「何故わざわざそういう話をするかな」竹内結子さんの死についても自慢話

小倉智昭

フジテレビ『とくダネ!』の司会・小倉智昭キャスターが、竹内結子さんへのインタビューがお蔵入りとなってしまった過去を告白。その内容に、視聴者から「最終的に自慢めいた話に結びつけてくる」「その話いらないよね」といった声が寄せられているよう。竹内さんの突然の訃報に、小倉智昭キャスターは、28日の放送で『とても聡明できれいで素敵な女性だっただけに、本当に惜しい女優さんを亡くしたなって思いが強いです』とコメント。さらに、竹内さんとの思い出を振り返り、2007年頃にロングインタビューをする機会があったことを明かした。その当時、竹内さんと中村獅童の離婚話が出ているという状況だったそうで、『プライベートの話も聞いてもいいですよと関係者から言われたものですから。本当に聞いたんです、獅童さんやお子さんのこと』と告白。結局クレームがついてしまったため、そのインタビューが世に出る事はなかったそうだが、『ずけずけと聞いたらきちっとお答えくださって。お子さんのことも話してくださったんですよ。こんな質問に対してもこんな風に答えてくださるんだなぁって』『その時の話を聞いたのは僕だけなんですよ。何ヶ月かして、控室を訪ねて「その節は申し訳わりませんでした」とおわびをしたら、「いやいや、気になさらないで下さい。大丈夫ですよ」とおっしゃってくださって。優しい人だなってホッとしたのを覚えています』とその人柄を振り返っていた。しかし、元夫である中村獅童の名前を出したことや、エピソードを語る中でわざわざ『その時の話を聞いたのは僕だけ』と明言したことに、視聴者から疑問の声が浮上。ネット上では「気分が悪くなった。その話いらないよね」といった声をはじめ、「今、離婚のときの話しなくてよくない? 何故わざわざそういう話をするかな小倉さんは」といった声が寄せられていたとTABLOが報じた。

竹内結子さんの死についても自慢話? 『とくダネ!』の小倉智昭が酷すぎるコメント “ボクだけがズケズケ聴いた”インタビューとは | TABLO竹内結子さんの死についても自慢話? 『とくダネ!』の小倉智昭が酷すぎるコメント “ボクだけがズケズケ聴いた”インタビューとは | TABLO

編集者:いまトピ編集部