2020/9/27 07:11

多部未華子、突然直前の降板!3つの不信感「もっと早い段階で言ってほしかった」

多部未華子

7月クールに放送された多部未華子主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』。そんな絶好調の多部だが、もう1つの代表作として知られるNHKドラマ『これは経費で落ちません!』の続編の制作が突然中止されていたと、9月8日発売の『女性自身』が報じている。今年10月下旬からクランクインすることも決定し、スタッフも準備を進めていたようですが、撮影開始まで2か月前を切っていた8月下旬、関係者に突如、制作中止が告知された。主演の多部の所属事務所がドラマからの降板を申し入れてきたという。続編制作について、多部サイドは“作品の世界観を大事にしたいので、前作と同じキャスト・スタッフで臨みたい”という条件を出していたという。演出やほとんどのキャストのスケジュールを押さえることができていたそうなんですが、多部の同僚社員役の1人が、出演することができなくなった。その俳優というのが平山浩行だ。キャスト、ロケーション、台本と、3つの不信が重なり、それが大きな不満になって多部さんサイドが降板を申し出たのでは。ドラマは失敗すれば、他にどんな問題があっても、その責任は結局は主演が負うことになる。それは、俳優としての評価につながり、今後の仕事に大きな影響を及ぼす。だからこそ、多部さんサイドの“作品の世界観を大事にしたい”という条件は理解できる。ただ、NHKサイドに立てば“もっと早い段階で言ってほしかった”という思いではないだろうか。台本は5話分ができ上がっていて、収録日なども決まっていたという。にもかかわらず、2か月前のタイミングで“出られません”というのは、業界の慣例的にも禁忌だろう、と日刊大衆が報じた。

多部未華子、NHKドラマ直前降板は3つの不信感も…TV局出禁芸能人! | 日刊大衆多部未華子、NHKドラマ直前降板は3つの不信感も…TV局出禁芸能人! | 日刊大衆

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(多部未華子|女性|1989/01/25生まれ)