2020/9/23 16:39

「もうメンバーが山口の名を口にすることはできない」山口達也、逮捕の裏に『5億円の収入』か

逮捕

元TOKIO・山口達也容疑者(48)が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された。
TOKIOは今年7月、長瀬智也(41)がジャニーズ事務所から独立を発表。残ったメンバーはジャニーズ内にグループ会社「株式会社TOKIO」設立を発表したばかりであり、山口をTOKIOの看板番組から誕生した「DASH村」関連活動に招き入れるのではという話も浮上していたが、芸能リポーターの川内天子氏は「今回の事故で芸能界復帰は完全消滅したといえます。TOKIOの新たな船出に泥を塗り、2度もお酒がらみで事件を起こした罪は大きい。もうメンバーが山口の名を口にすることはできないでしょう」と話している。
そんな山口が酒に手を出した背景には、自宅売却による臨時収入があったともいわれており、山口は昨年、都内高級住宅街にある約108坪、鉄筋コンクリート地下1階、地上2階の6SLDK豪邸の売買が成立。16年に3億円で建てたというが、東京オリンピックのメイン会場・国立競技場そばという好立地が功を奏して、5億円超で売却できたという。
前出の川内氏は「購入したのは東南アジアの富豪で、日本人なら価格交渉するところを言い値で購入したとの噂です。この売却益で山口さんはもろもろ支払ったとしても手元に相当なお金が残った。そんな大金が油断を生み、かえってアルコールに手を出す“引き金”になったのかもしれません」とコメントしていたと「日刊ゲンダイDIGITAL」が報じている。

【山口達也】山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅|日刊ゲンダイDIGITAL【山口達也】山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅|日刊ゲンダイDIGITAL

編集者:いまトピ編集部