2020/9/22 19:28

単独初主演決定も、理不尽なバッシング「パニック障害に追い込もうと計画中です」あまりにも酷い...

悩み

ラウールは先日、2021年夏に公開予定の映画『ハニーレモンソーダ』で単独初主演を務めることが発表された。同作は、漫画家・村田真優氏が少女漫画雑誌『りぼん』(集英社)で連載中の同名漫画の実写版で、ラウールが演じる“レモン色の金髪”のイケメン高校生・三浦界と、吉川愛演じるヒロイン・石森羽花が繰り広げる青春ラブストーリーだが、超人気漫画だけに原作ファンがこれに反発。「実写化そのものが嫌」などといった拒絶反応や、「もうちょっとキャスティング考えてほしい」などといった抗議のほか、「ハーフにやらせんな」などというあまりに酷いバッシングが巻き起こったのだ。思えばラウールはデビュー前から理不尽なバッシングを浴びてきた。もともと6人組だったSnow Man は昨年、ラウール、向井康二、目黒蓮が加入して9人組となったが、これに「6人組のままでよかったのに」と反発して新メンバーをバッシングするファンもおり、荒れに荒れたとウェジーは報じた。

Snow Manラウールへのバッシングがあまりに酷すぎる 「ハーフにやらせんな」「追い込む」 - wezzy|ウェジーSnow Manラウールへのバッシングがあまりに酷すぎる 「ハーフにやらせんな」「追い込む」 - wezzy|ウェジー

編集者:いまトピ編集部