2020/9/21 19:38

亀梨和也、主演『事故物件』で怪奇現象…「間違いなく聞こえる」現場では誰も声を発していない…

亀梨和也Amazon

『KAT-TUN』亀梨和也が主演を務める大ヒット中のホラー映画『事故物件 怖い間取り』の冒頭シーンで、「助けて…」という声が聞こえると、オカルトマニアの間で話題になっている。同映画は、イワク付き物件に住んでいる〝事故物件住みます芸人〟こと、松原タニシの書籍『事故物件怪談 恐い間取り』が原作。『リング』や『貞子』、『スマホを落としただけなのに』など、数々のホラー映画を手掛けた巨匠・中田秀夫氏が監督を務めている。8月28日より全国公開されると口コミで話題になり、動員100万人を突破する大ヒットになっている。「問題のシーンは、主人公の亀梨が演じる山野ヤマメが、著書サイン会をしているところ。心霊現象が起きるようなシーンではないにもかかわらず、男性らしき声で『助けて…』と、かすかに聞こえるとウワサが広がっています。もっとも、必ずしも全員が聞こえるわけではないようで、それが逆にリアリティーを高めているようですね」(オカルト雑誌ライター)実際に映画を見た観客からは、《間違いなく聞こえる。何かの心霊現象だろうな。マジで怖い》など、さまざまな声が寄せられているとまいじつが報じた。

ホラー映画『事故物件』で怪奇現象!?「助けて…」と囁く男性の声が… - まいじつホラー映画『事故物件』で怪奇現象!?「助けて…」と囁く男性の声が… - まいじつ

編集者:いまトピ編集部