2020/9/21 07:37

「わがまま女優」急遽降板&共演者に真顔でダメ出し...スタジオ騒然、マネージャーにわがまま止まらず「めんどくさい」

多部未華子

多部未華子が主演ドラマ『これは経費で落ちません!』の続編を降板したことが、尾を引いている。多部未華子が続編を降板した理由は何だったのか。「女性自身」2020年9月22日号によると、同僚を演じるキャストひとりの続投がスケジュール上難しかったからだという。同誌では“多部未華子のわがままで多くの関係者が迷惑をこうむっている”とのニュアンスで、この件を伝えている。また一部ネット上では、『これは経費で落ちません!』にはジャニーズWESTの重岡大毅が出演していたことから、「多部未華子はジャニーズを怒らせたからテレビから干される」といった噂も流れる始末だ。しかし、もともと多部サイドはキャストの続投を続編の条件にしていたといい、多部の所属事務所も、<前作キャスト・スタッフの続投という当初のお約束がかなわなかったため、成立にいたりませんでした>と「女性自身」にコメントしている。多部未華子がバラエティ番組に出演する機会は少ないが、出演すると“素”の彼女が見れるとして度々話題になる。2017年にゲスト出演した『VS嵐』では、同じく今田耕司に辛辣な言葉を投げかける。今田は女性の理想が高いことで知られているが、多部は<理想が高いって素敵なことだと思う>とフォローしつつも、真顔でダメ出し。<「理想が高い」って周りに言われるってことは、今田さんがそんなにたいした男性じゃないって思われてる……。わかります?><今田さんが「理想の高い女性を言うのが当たり前ですよね」って言われるぐらいの男なら、「理想が高い」って言われないはず>多部のド直球なダメ出しに、スタジオはどよめいたのだった。これだけはっきりものを言う一方で、 “察してほしい”タイプでもあるようで、2017年に出演した『ごごナマ』では、マネージャーから買ってくる飲食のリクエストを聞かれた際、「何でもいい」と答えながらも、買ってきたものにケチをつけてしまうため、マネージャーからは「めんどくさい」と言われているそうだ、とウェジーが報じた。

多部未華子は“ワガママ女優”か? ド直球な人柄、バラエティで武勇伝も - wezzy|ウェジー多部未華子は“ワガママ女優”か? ド直球な人柄、バラエティで武勇伝も - wezzy|ウェジー

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(多部未華子|女性|1989/01/25生まれ)