2020/9/21 07:26

【放送事故】19日放送『グッディ!』生放送で意識朦朧、視点定まらず...安藤優子に批判殺到「正気の沙汰ではない」

安藤優子Amazon

情報番組の生放送では何が起こるかわからない。失言、無音、喧嘩にハプニング…。8月19日放送の「直撃LIVEグッディ!」では、炎天下の京都を女性ディレクターがリポート中に朦朧となった。女性ディレクターは「こちら京都です。渡月橋ということころにいます。かなり暑くてですね。頭がフラフラしてきますね」と熱中症を疑われる状態に。手に持っていた温度計の表示は40.1度。地元住民の暑さ対策を紹介するのもままならず、「あと何だったっけかな……。暑くてボーっとしています」と視点は定まらない。たまらず「(スタジオに)お返ししますね」とリポートを中断しようとしたのだが……。スタジオの安藤優子キャスターは軽く見たのか、笑いながら「え?返しちゃうの?私、返されたのね?」と大笑い。女性ディレクターは「準備していた話があと3つあるんですけど、えーと…」と言葉が出てこない。それでも安藤は「もう1回お返ししていいですか?」と能天気に追い撃ち。幸いにも熱中症ではなかったとのことだが、気温40度以上の炎天下で意識が朦朧としていたにもかかわらず、リポートを強要するのは正気の沙汰ではない。さすがに視聴者からも多くの批判がありましたが、その後、安藤キャスターからの事実説明や謝罪はないまま。6月15日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」でも、女性レポーターが危機にさらされる場面があった。東京・新宿の歌舞伎町で新型コロナウイルスに関する現地中継をしていたときのこと。背後からTシャツに短パン姿の中年男性が早歩きで近づき、「おらぁ~」などと叫びながら女性レポーターにパンチの仕草を見せたのだ。幸いにも女性レポーターがよけてパンチは当たらなかったが、その後もパンチを繰り出すポーズを続け、中継は中断。あわや惨事の予感もあったため、MCの宮根アナも「大丈夫?文句言われたの?」と慌てていた、とアサジョが報じた。

【放送事故2020】安藤優子の冷酷、パンチ男出現でレポーター危機一髪! – アサジョ【放送事故2020】安藤優子の冷酷、パンチ男出現でレポーター危機一髪! – アサジョ

編集者:いまトピ編集部