2020/9/21 07:21

滝沢秀明だけではなかった!驚きの“新体制”「第二のジャニーさん」裏情報

ネクタイ

「家政夫のミタゾノ」シリーズで前掛け姿がすっかり板についたTOKIO・松岡昌宏。7月放送のシーズン4の主題歌はHey! Say! JUMPの「Last Mermaid…」が起用されたのだが、作詞・作曲は「Kaoru」こと松岡が担当。三田園薫が、人魚姫をモチーフに描いた“女性目線”のせつないラブソングとなっている。松岡は現在43歳。昨年7月にジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川氏が他界して以降、このようにアラフォージャニーズが制作も兼務する例が増えている。顕著なのは、KinKi Kids。6月17日にリリースした最新ナンバー「KANZAI BOYA」は、堂本剛が作詞・作曲。数多いジャニーズグループのなかでも、ジャニーさんは特にKinKiを大事にしていた。恩人亡き今、堂本光一はKing & Princeの岸優太と神宮寺勇太らが出たJr.の舞台『DREAM BOYS』を演技指導。Hey! Say! JUMPのライブ演出を手伝うことも。ジャニーイズムを継承しているのだ。剛と光一は、そろって41歳(学年は光一が上)。剛は昨年9月、A.B.C-Zに楽曲「You…」を提供。「KANZAI BOYA」と同じく、故人を想って制作した。KinKiが第1号となった関西発Jr.はその後、関ジャニ∞、ジャニーズWESTにつながり、現在はなにわ男子、Lil かんさい、Aぇ! Groupが明日のデビューを夢見ている。関ジュのために、関ジャニの大倉忠義が作詞、安田章大が作曲した『My dreams』と『Can’t stop』という2曲もある。大倉は関ジュのライブをプロデュース、横山裕は企画コーナーを演出していて、関西のジャニーズシーンを盛り上げている。ジャニー氏亡きあと、帝国の灯を消すまいと後進の指導も兼ねるようになった30代と40代のベテラン勢。かつては滝沢秀明が「第二のジャニーさん」といわれたが、今は彼に続く“リトルジャニーさん”が増えているのだ、とアサジョが報じた。

TOKIO松岡、KinKi…タッキー以外に「第二のジャニーさん」増殖中の理由 – アサジョTOKIO松岡、KinKi…タッキー以外に「第二のジャニーさん」増殖中の理由 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部