2020/9/20 07:38

生放送で暴力ヤバすぎる、フライパンで頭を殴りまくり...ドン引き「テレビで放送しちゃいけない映像」「本気で怖い」

うなじ

TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のオープニング曲「進め、たまに逃げても」などで知られる姉妹ユニットのチャラン・ポ・ランタンが、壮絶な姉妹ゲンカをした。チャラン・ポ・ランタンは、17日に放送された『ダウンタウンDX』の「芸能人 兄弟姉妹大集合SP」に出演。妹の「もも」が、きょうだいゲンカのエピソードとして、ラジオ番組の生放送中に起こった“事件”を話した。ヘルメットの代わりに本物のフライパンを使って「たたいて・かぶって・ジャンケンポン」をやるという企画の際、じゃんけんに勝ったももがピコピコハンマーで姉の小春を叩いたところ、ハンマーの勢いでフライパンがぶつかった小春が「ブチ切れ」。フライパンで「思いっきりガンガン」殴ってきたという。ももは「本当に殺されそうになって! もう怖くて……」と当時の恐怖を感情たっぷりに語った。当人たちはVTRを観て爆笑していたものの、スタジオの千原ジュニアや本田望結らは唖然とした表情。松本人志も笑ってはいたものの、「オンエアできるん?」とコメントするほどの衝撃映像だった。ネット上でも「本気で怖かった」「フライパンで妹殴るってやり過ぎ」「テレビで放送しちゃいけない映像だったと思う」といった声が多く、視聴者の大半は“ドン引き”。放送後、ももはTwitterで「小春ちゃんはめちゃめちゃ優しくて可愛い人だから!」などとフォローしたが、小春の「みんな怖がらないで」というツイートには「あの映像見た後にそれは無理」など批判も多く寄せられている。姉妹仲がいいからこそ話せたエピソードだったのだろうが、せっかくの人気バラエティ出演も、かえってイメージが低下する結果となったようだ、とエンタMEGAが報じた。

チャラン・ポ・ランタン「フライパンで殴る」姉妹ゲンカに視聴者ドン引き…|エンタMEGAチャラン・ポ・ランタン「フライパンで殴る」姉妹ゲンカに視聴者ドン引き…|エンタMEGA

編集者:いまトピ編集部