2020/9/17 22:08

ジャニーズからは共演NG!「元祖ゴリ押し女優」が、干された、本当の理由

福田沙紀

先日オスカープロモーションを退社した女優の福田沙紀の「干された原因」にジャニーズ事務所が深く関係していたと報じられ、その経緯に同情の声が集まっている。福田といえば、オスカーの「元祖ゴリ押し女優」と呼ばれるほど大プッシュされていた。だが、ある時期を境に「干され」状態になっていた。15日付の「文春オンライン」(文藝春秋)では、その大きな原因として「ジャニーズの逆鱗に触れたせい」と報じている。記事によると、08年に福田はオスカー肝煎りの青春映画『櫻の園』の主演を務めることになったが、同時期に09年に公開された嵐・櫻井翔の主演映画『ヤッターマン』の撮影もしていた。オスカーは福田のスケジュールについて『櫻の園』の撮影を優先させ、『ヤッターマン』では代役のバックショットなどでしのがせたこともあったという。だが、これに当時現場を仕切っていた藤島ジュリー景子氏が激怒。以降、福田はジャニーズから「共演NG」にされてしまったという。「ジャニーズの逆鱗に触れてまで撮影を優先した主演映画『櫻の園』は史上空前の大コケだった」と芸能ライターはいう。ジャニーズから嫌われ、事務所肝煎りの主演映画まで大爆死したことで「干され女優」になってしまったというわけだ。また、当時の福田は事務所から発破をかけられていたこともあって、態度が横柄だったことも仕事の減少に影響したというとエンタMEGAは報じた。

福田沙紀の「干された原因」に同情の声|エンタMEGA福田沙紀の「干された原因」に同情の声|エンタMEGA

編集者:いまトピ編集部