2020/9/16 14:58

嵐、またか「迷惑」「笑えない」7年前にも問題に

ベッド

年内いっぱいで活動休止する嵐が、延期になっていたイベント『アラフェス 2020 at 国立競技場』を無観客で実施し、ライブ配信することを発表した。松本潤は「新型コロナウイルス感染防止のため、そしてなによりファンの皆さま、そしてスタッフの安全を守るために、無観客での配信という形で実施させていただくことになりました」と説明。たとえ無観客であっても、縁の深い国立競技場で開催することへのこだわりを見せた嵐だが、ファンからは「音漏れ目当てに全国からファンが殺到しそう」「音漏れクラスターとか報道されたら笑えない」「100%音漏れ隊来るし、野外はやめたほうがいいのでは?」という懸念の声が相次いでいる。なかには「メンバーのためにも、なんのために無観客にしたか理解して」とファン同士で呼び掛ける様子も見られる。嵐といえば、2013年に旧国立競技場で『アラフェス』を開催した際、チケットを取れなかったファンが“音漏れスポット”を求めて会場周辺に殺到。当時、会場を取り囲むように座り込むファンの光景は「ディズニーランドのパレード待ちさながら」と話題になり、「近隣住民の迷惑になる」と問題視されたとエンタMEGAが報じた。

嵐「音漏れ目的」ファン殺到を懸念! 7年前も問題に|エンタMEGA嵐「音漏れ目的」ファン殺到を懸念! 7年前も問題に|エンタMEGA

編集者:いまトピ編集部