2020/8/15 13:11

パンク寸前か「収録中に死んだ目」も...療養、欠席、明らかにテンションが低い、かなり疲弊

疲労

お笑いコンビ「かが屋」の加賀翔が、体調不良のため療養することが発表された。具体的な病名などは明かされておらず、しばらくは相方の賀屋壮也が1人で活動することになるという。昨今のバラエティ番組を席巻しているお笑い第7世代だが、その一方でかなり疲弊しているとも言われている。「たとえば、フワちゃんなんかは、収録中に電池が切れたように目が死んでいることもあります」と関係者はいう。また、霜降り明星のせいやは、体調不良で8月8日、15日の2週にわたって『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)の生放送を欠席した。せっかく盛り上がっているお笑い第7世代だが、一部の人気芸人へ仕事が集中することで、すでにパンク寸前になっているということかと日刊サイゾーは報じた。

お笑い第7世代が疲弊! かが屋・加賀が療養、フワちゃん死んだ目、霜降り・せいやラジオ2週欠席で心配の声|日刊サイゾー お笑い第7世代が疲弊! かが屋・加賀が療養、フワちゃん死んだ目、霜降り・せいやラジオ2週欠席で心配の声|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部