2020/8/13 13:22

「痛々しい」12日、TBSバラエティ番組で無言で深々と頭を下げ…

謝罪

昨年末、木下優樹菜(32)と離婚したお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)が12日放送のTBS「バナナサンド」(水曜後11・56)にゲスト出演した。
藤本は番組冒頭、MCの「バナナマン」の設楽統(47)から「すみません、なんか大変な時期に来ていただきまして…」と早速イジられ、相方の原西孝幸(49)は「僕は全然大丈夫です」と笑いつつ、藤本は「大変な…」と言いかけたところで、無言で深々と頭を下げたという。
その後、「サンドウィッチマン」の伊達みきお(45)から「どうしたんですか、無言で…」とツッコミが入ると、藤本はカメラをじーっと見据え、「ご迷惑をおかけしております」と再び頭を下げ、“謝罪”。騒動イジリに「ボケればボケるほど、痛々しい」と自虐的にボヤく場面もあったと「スポニチ」が報じている。

藤本敏史 ボヤく「ボケればボケるほど、痛々しい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能藤本敏史 ボヤく「ボケればボケるほど、痛々しい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

編集者:いまトピ編集部