2020/8/12 10:18

嵐、松本潤と他4人の温度差…しゃしゃり出てファンもウンザリ

ネクタイ

今年いっぱいで活動休止となる嵐。いよいよ残り時間も少なくなってきたが、Netflixで配信されているドキュメンタリー番組『ARASHI’s Diary Voyage』では、アメリカ進出に向けた動きに密着した映像が公開されている。カメラが入っているのは、主に2019年11月に配信リリースされたシングル『Turning Up』の制作の裏側。松本潤がアメリカに行き、現地のスタッフと打ち合わせをする様子などが映し出されている。松本だけが、海外の制作陣と打ち合わせをして、あらゆる方向性を決めているので、どうしてもほかの4人のメンバーは“松本の言いなり”のようにも見える。また、大野智が活動休止したいと言った裏側には、松本との温度差があった可能性も指摘されているという。しかし、松本潤プロデュースに対するジャニーズファンからの視線は意外と冷ややかなものだという。ジャニーズグループは、メンバー自身がライブをプロデュースするというのが伝統。そこに松本がしゃしゃり出てくるというのは、ファン的には微妙なのだと日刊サイゾー が報じた。

嵐、Netflixドキュメンタリーで見えた松本潤と4人の温度差──松潤のプロデューサー気質にファンもウンザリ?|日刊サイゾー 嵐、Netflixドキュメンタリーで見えた松本潤と4人の温度差──松潤のプロデューサー気質にファンもウンザリ?|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部