2020/8/10 15:42

手越祐也が弱音「やっちまった」「耐えられない」失ったものは大きい...

頭を抱える

今年6月にジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也がフォトエッセイ『AVALANCHE』(双葉社)を出版し、5日に会見を行った。しかし、これがファンにも記者陣にも大不評だ。同書は、フォトエッセイを謳ってはいるものの、過去に交際が取り沙汰された女性芸能人との関係についても明かしており、当初は“暴露本”ともいわれていた。発売直前に、目次がネット上にでまわり、そのゲスい内容にファンから批判が噴出していた。傍から見ても、どうも空回りしている様子。発売から数日たって、この件についての話題はほぼなく、ファンからの批判だけが目立つ。これにはさすがの“スーパーポジティブ”手越も堪えた様子で、ツイッターやインスタグラムで「ファンがいなくなるのは耐えられない」「やっちまった」と弱音をこぼしていると日刊サイゾーは報じた。

手越の暴露本、企画の裏には箕輪厚介!? 中身の薄いゲスネタばかりでファンが絶望|日刊サイゾー 手越の暴露本、企画の裏には箕輪厚介!? 中身の薄いゲスネタばかりでファンが絶望|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部