2020/8/10 15:30

三浦春馬さん「何度も芸能界から抜けようとしていた」絶縁を招いた母親の「商売」とは

疲労

三浦春馬さんの早すぎる死。動機は未だ明らかにされていないが、背景には家族とのトラブルがあったと指摘する声もある。彼の地元・土浦の住民に話を聞くと、三浦さん母子が抱えていた複雑な関係が見えてくる。一家を知る地元住民は、「お金の使い方に変わった。出会った頃とずいぶん違う印象を持ちました」などと言い、母親の外見も驚くほど変わっていったと話す。人間としても成長すべく、新たなステージに立とうと欲する息子とは対照的に、母親は地元でこんな“商い”にも手を出していた。「春馬が小さい頃から、お母さんはマルチまがいのハーブティーの販売に熱をあげていた。息子が有名になってからは、“三浦春馬も飲んでいます”を売り文句にして、“友人にも購入を持ち掛け、売れば億万長者になれる”などと、ネズミ講のようなことを推奨していましたね」肉親とはいえ、自分の名を商売に使われたことを知った三浦は嘆き哀しみ、絶縁に繋がったというとデイリー新潮は報じた。

三浦春馬さんと母の複雑な関係 絶縁を招いた“商売”とは | デイリー新潮三浦春馬さんと母の複雑な関係 絶縁を招いた“商売”とは | デイリー新潮

編集者:いまトピ編集部