2020/8/9 18:06

三浦春馬さん『絶対に書けない話』あまりにデリケートすぎ…

青空

人気俳優の三浦春馬さんの死去について、週刊新潮は「三浦さんは母親に度々金銭を無心されていた」と伝えた。同誌と仕事するライターは「もともと用意していた別の記事のテーマがあまり大きすぎるので差し替えるしかなかった」と話している。
三浦さんが「事務所の信頼している人が僕自身を理解していない」との愚痴を言っていたという話があった。驚くほどに恋愛のウワサが報じられてきた三浦さんだが、事務所が彼の「本命」を隠すためにカムフラージュのゴシップを流させていた疑いがあり、そのこともまた「生き方の否定」に繋がっているとの見方があるとTOCANAが報じた。

三浦春馬、“絶対に書けない話”の出現で記事差し替えか? 死の動機が「あまりにデリケートすぎるテーマ」… - TOCANA三浦春馬、“絶対に書けない話”の出現で記事差し替えか? 死の動機が「あまりにデリケートすぎるテーマ」… - TOCANA

編集者:いまトピ編集部