2020/8/9 17:29

批判殺到ドラマ「普通にテレビ消したわ」女性視聴者は不快感「バカな男の妄想」「美男美女カップルを出せ」

怒る

9日夜に第2話が放送するドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系列)。
主演をムロツヨシ、監督を「今日から俺は!!」など大ヒットを次々と生み出している福田雄一が担当して「裏表」両面から最強の布陣を固めた同ドラマ。そのこともあってか、2日に放送された初回放送は世帯平均視聴率が10.3%といきなりの好スタートを切った。面白い」、「次が気になる」と目の肥えたドラマファンからも高評価を受けている同ドラマだが、ただ一部、不満を募らせている視聴者が。それは、女性の視聴者。放送が終わるとネット上には「気持ち悪い」、「普通にテレビ消したわ」などと不快感をあらわにしたコメントが続々と投稿された。その原因は、キャスティングに問題が。まず、同ドラマはムロツヨシが永野芽郁演じる娘を心配するあまり、同じ大学に入学することから始まる・そこで永野の同級生役である今田美桜から、「キスしようか」など誘惑される展開に、「バカな男の妄想」だと女性視聴者は憤慨。さらに、女性視聴者はムロツヨシの妻役が新垣結衣ということにも腹を立てたようで、初回放送に登場してムロツヨシと夫婦役を演じたことに「『美女と野獣』なんて見たくない」、「美男美女カップルを出せ」と批判が殺到したとQuickTimezが報じた。

ドラマ『親バカ青春白書』、女性視聴者の「地雷」を踏む?「男の妄想」「気持ち悪い」と批判殺到のワケ | Quick Timezドラマ『親バカ青春白書』、女性視聴者の「地雷」を踏む?「男の妄想」「気持ち悪い」と批判殺到のワケ | Quick Timez

編集者:いまトピ編集部