2020/8/9 14:20

『イッテQ』内輪ノリが鼻につく「何がおかしいの?」批判の声が続出

イッテQAmazon

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の人気企画「宮川探検隊」の隊員の一人で、 同番組アシスタントプロデューサーを務める円城寺剛氏が、8月2日放送回で結婚を公表した。裏方としてだけでなく、出演者としても視聴者から認知される円城氏の結婚に対して、ネット上は祝福ムードに包まれたが、一方で、結婚に際して妻側の姓を選択した円城氏を、番組側が“婿入り”とイジる演出を行ったことに疑問を呈す声も相次いだ。円城寺氏は「宮川探検隊」企画の第11弾『~宮川探検隊in四万十川!手作りイカダで大冒険&温泉同好会が緊急企画~』の冒頭で、コロナ禍の自粛期間中に結婚したことを公表。「お嫁さんをもらったわけでなくて、婿入りしたんですよ。名前も変わりました」と隊長の宮川大輔に報告し、「円城寺剛改め、香川剛になりました」と新しい名字も紹介した。 だが、その後、番組内で円城寺氏の心境について「長男なのに婿入りをしてご両親に後ろめたさを感じていた」とするテロップが流れると、ネットでの祝福ムードは一変。「夫が妻側の名字を名乗ることの何がおかしいの?」「長女が結婚して男性側の姓を名乗ることは笑いにならないのに」「時代錯誤も甚だしい」「そもそも現在は、結婚したら2人の新しい戸籍を作るんだから、妻側の家に入る“婿入り”なんて概念はもうない」と反発の声が続出したとサイゾーウーマンが報じた。

『イッテQ!』スタッフイジりが物議! 「長男なのに婿入り」を笑いのネタに……「時代錯誤」「何がおかしいの?」の批判(2020/08/09 10:00)|サイゾーウーマン『イッテQ!』スタッフイジりが物議! 「長男なのに婿入り」を笑いのネタに……「時代錯誤」「何がおかしいの?」の批判(2020/08/09 10:00)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部