2020/8/7 08:51

「毒舌・恨み節・暴露話」あざとい女で「共演NG」同僚から悪口まで...退所も

うなじ

今年3月をもってテレビ東京を退社し、フリーアナウンサーとしての活動を開始した鷲見玲奈。退社後もタレントとして『今夜くらべてみました』、『ウチのガヤがすみません!』、『みんなのKEIBA』、『直撃!シンソウ坂上』、そして古巣のテレビ東京の『家、ついて行ってイイですか?』など、各局の多くのテレビ番組に出演し、大活躍を見せている。「フリー転身直後から多くの番組に引っ張りだこで、本当に大活躍ですよね。ただ、実は、鷲見さんと共演することに“すみません、ちょっと……”と、早くも彼女を“共演NG”に指定する演者も出てきている。たしかに、鷲見さんはフリーになる前後から挑発的な物言いをしたり、SNSに露骨にセクシーな画像や動画をアップしたりしていますから、その点が“鼻につく”“嫌だ”ということなのかもしれないですね」(制作会社関係者)はいう。6月6日、鷲見は自身のツイッターに「色々あった後輩が、私の行っていたジムに“鷲見さんには内緒にしてください”と言って通っているらしい。すごいメンタル……」と、続けて「鷲見さんがいなくなれば自分ができる番組が増えるって言ってたのも、プロデューサーにアピールしてたのも、知ってるんだからねっ」と投稿。鷲見は該当のツイートを削除したものの、その後、「ジム帰りでアドレナリン爆発してました 忘れてください」と再びツイートし、こちらも削除している。「この一連のツイートは削除されたものの、意味深な内容で物議を醸しましたよね。鷲見といえば、2019年12月の『週刊文春』に、増田和也元アナとの不倫疑惑が報じられ、それを拡散したのが同僚の女子アナだという報道も。鷲見は、フリーになりたてで必死なのでしょうが、元同僚アナへの恨み節や局アナ時代の暴露話を含め、女性に敵視されやすい言動を取ってしまっている傾向にあるのかも。ただ、今後も“共演NG”が続出すれば、タレント生命を左右することにもなりかねない、と日刊大衆が報じた。

鷲見玲奈、「毒舌・恨み節・暴露話」“あざとい女”評価で共演NGが! | 日刊大衆鷲見玲奈、「毒舌・恨み節・暴露話」“あざとい女”評価で共演NGが! | 日刊大衆

編集者:いまトピ編集部