2020/8/4 14:36

『半沢直樹』第3話、まさかの「アノ人」が異例の形で登場「一瞬◯◯らしき人が映ってたけど…」

半沢直樹Amazon

2日放送のTBS系ドラマ「半沢直樹」第3話に、2013年の前作ではTKO・木下隆行が演じ、慶応大同期の半沢直樹に超重要情報を提供した白水銀行融資部次長・油山(通称・あぶ)が異例の形で登場。ネット上がザワつく事態になったという。
油山を演じるTKO木下は今春に、後輩芸人へのパワハラ問題を認め、事務所を退社しており、7月の前作総集編では出演シーンは放送されず、油山の名前だけが登場していた。
2日の放送では、後ろ姿だけが映った丸刈りの体格のいい男性が、半沢にUSBメモリを差し出し、半沢はニヤリと笑うシーンが流れ、これを半沢に問いただした渡真利(及川光博)が「どこで仕入れたか見当がつくけど」と言って、口パクで「あぶ…だろ?」と聞くと、半沢は「まあな」と認めた。
出演者テロップに木下の名前は表示されず、後ろ姿の油山を演じた人物に関しては不明だというが、ネット上では「ミッチーが口パクしてたの誰?」との反応がある一方で、「一瞬TKOの木下らしき人が映ってたけど、気のせいかな」「だから後ろ姿だったのね」「TKO木下(の役)ちょっと出てたのか…」ときっちりとツッコミも入っていると「デイリースポーツ online」が報じている。

半沢「TKO木下?」でザワつく 油山再び活躍…丸刈り後ろ姿&ミッチーが口パク/芸能/デイリースポーツ online半沢「TKO木下?」でザワつく 油山再び活躍…丸刈り後ろ姿&ミッチーが口パク/芸能/デイリースポーツ online

編集者:いまトピ編集部