2020/8/1 07:46

第3話、放送されるも「これが仕事だと思わないで」「もはやファンタジー」「ソーシャルワーカーの域すら超えてる」ドン引きの声集まる

薬剤師

木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第3話が30日に放送され、平均視聴率が8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。本作の中で、調剤室は人手不足で目が回るほどの忙しさであることが度々強調されていますが、とは言え、葵は周囲に咎められながらも一人の患者につきっきりに。行動の数々に『忙しいとか言いながらこんなことする…?』といった疑問の声が集まった一方、薬剤師を名乗る視聴者からも『薬剤師どころかソーシャルワーカーの域すら超えてる』『こんなのが薬剤師の仕事と思わないでほしい』『薬剤師モノじゃなくてもはやファンタジー』にした方がいいというドン引きの声が集まっている。ドラマはあくまでフィクションではあるものの、あまりにも現実と乖離したストーリーに困惑している人も少なくないようだとリアルライブは報じた。

『アンサング・シンデレラ』、現役の薬剤師から「これが仕事だと思わないで」と苦言? | リアルライブ『アンサング・シンデレラ』、現役の薬剤師から「これが仕事だと思わないで」と苦言? | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部