2020/7/31 13:22

怖くて使えない…31日『スッキリ』視聴者に大きな衝撃「外で待ってるよ」

テレビ

31日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、10代のユーザーを中心に人気を集めている位置情報アプリ『Zenly』(ゼンリー)について報じられた。
同アプリは、友達申請が許可されたユーザー同士で位置情報を共有することが可能になっており、画面のアイコンを見れば相手が「家にいる」などの情報もキャッチできるほか、移動中であればその移動速度をも表示可能。遠方に暮らす娘がいるという女性は「(娘が)きちんと帰宅しているのを確認できるのがありがたいです」と、同アプリの利便性についてコメントしていた。
一方で、相手の情報を確認せず友達申請を許可すると、他人に自分の位置情報を把握されてしまう事例もあるといい、番組ではゼンリー内の友達の半数が「面識なし」のユーザーだったという都内の女子高生の体験に注目。
「友達との連絡がスムーズにいく」という理由から同アプリを利用していた女性は、ある日飲食店でのアルバイト中に「外で待ってるよ」という見知らぬユーザーからのメッセージが送られてきたといいアプリの画面を見ると、相手が自分のすぐ近くにいることが判明。恐怖を感じた女性はその後、知らないユーザーを友達から全て削除し、友達申請のチェックは慎重に行なうようになったという。
この事例は視聴者に大きな衝撃を与えたようで、同日午前には「Zenly」や「ゼンリー」といったワードがツイッターのトレンド入りを果たしており、「怖くて使えないよ…」「最近の若い子は、SNS感覚で気軽に使ってそうで怖い」といった声が多数上がっていたと「ニュースサイトしらべぇ」が報じている。

『スッキリ』登場の位置情報アプリに恐怖の声相次ぐ 「使い方を誤ると…」 – ニュースサイトしらべぇ『スッキリ』登場の位置情報アプリに恐怖の声相次ぐ 「使い方を誤ると…」 – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部