2020/7/29 14:34

これは犯罪『スッキリ』近藤春菜「想像力のなさに驚きます」スタジオ驚愕

近藤春菜

近ごろ悪質な事例が多数報告される「コロナ差別」をめぐり、『スッキリ』MCの近藤春菜が持論を展開。視聴者からは共感の声が。番組では、愛媛・今治で流布されていたという張り紙に注目。そこには「この顔に、ピンと来たらコロナ注意!」「今治で初コロナ感染者」といった文言とともに、ある人物を捉えた写真が確認できた。今治市だけでなく、こういったコロナ差別は全国で発生している。例えば長野・小諸にある「長野銀行」の支店では、何者かによって窓ガラスが破られる事態が。窓ガラスの破られる3日前には男性行員の新型コロナ感染を公表しており、同支店では行内の消毒を終え営業再開した矢先の出来事であった。番組ではこの他にも「脅迫罪」や「侮辱罪」に抵触するコロナ差別のケースをいくつか紹介。その内容を受けて近藤は「差別をしている人の想像力のなさに驚きます…」とコメントし、呆れ顔を見せる。どれだけ厳重な対策を講じていてもウイルスへの感染を完璧に防ぐことはできないと強調した上で、「コロナになったことは悪いことじゃないし、そこを攻めたってどうしようもないわけですよ」と持論を展開。続けて、「差別をしている人は、自分がなってしまったら、とか、自分の家族が感染してこういう差別を受けたらとか、そういう想像力もない」「感染してしまった人が(感染の事実を)言いにくくなってしまう社会を作っていることが全く想像できていない」と、差別による弊害を指摘している。
しらべぇが報じた。

『スッキリ』近藤春菜、想像力欠如したコロナ差別に怒り 「自分がされたら…」 – ニュースサイトしらべぇ『スッキリ』近藤春菜、想像力欠如したコロナ差別に怒り 「自分がされたら…」 – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(近藤春菜|女性|1983/02/23生まれ|A型|東京都出身)