2020/7/29 14:41

バラエティ番組「マジで危険」モデル大泣き、止めないスタッフに批判

びっくり

7月27日に放送されたTBS系のバラエティ番組『アイアム冒険少年』に出演した、モデルのゆきぽよ(木村有希)の活躍が話題になっている。今回のゆきぽよはいつものギャルメイクを封印し、番組名物の企画「脱出島~無人島から脱出せよ!」にチャレンジ。普段の軽い言動からは想像できないほどの適応能力を見せた。また今回の企画は、ゴールとなる有人島までの距離が約3キロと番組史上最短距離だった。ゆきぽよはライバルのあばれる君、オカダ・カズチカに先立って、手作りイカダで無人島から出航した。だが、脱出挑戦から数時間がたち雨も降り始め、向かい風も強くなったことで、ゆきぽよは一転ピンチに。いち早く無人島を出たものの、別日程で挑戦したあばれる君に抜かれることに。だが、雷が鳴っている中で海上にいると危険だとする視聴者が続出。ネットでは「雷のなかの脱出はマジで危険」「スタッフも意思確認している場合じゃない」と止めないスタッフにも非難が続出。結果、雷と雨風が強くなりすぎ、ゆきぽよは泣きながらその場から動けなくなり、ゴールを目の前にあえなくリタリアとなった。このゆきぽよの頑張りに、ネットでは「見た目と違って意外と根性あるんだね」「ゆきぽよを見直した」といった声が相次いだとリアルライブは報じた。

雷の中で無人島から脱出、泣きながら頑張ったゆきぽよに称賛 「マジで危険」止めないスタッフには批判も | リアルライブ雷の中で無人島から脱出、泣きながら頑張ったゆきぽよに称賛 「マジで危険」止めないスタッフには批判も | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部