2020/7/13 09:52

嵐、“ネガティブ報道”続出…いまやどの週刊誌も書き放題

ネクタイ

ジャニーズ事務所は7月10日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2月27日から開催中止・延期となっていた事務所主催公演を「再開する」と発表した。年内でのグループ活動休止が発表されている嵐にとって、今年は当然、休止前の“ラストイヤー”だが、彼らがNHKで放送される特別番組のスペシャルナビゲーターを務める予定だった東京オリンピック・パラリンピックもコロナ禍で延期になるなど、活躍の場が激減。以前は週刊誌が嵐の記事を出そうとすると、ジャニーズサイドからストップがかかっていた。ほとんどの週刊誌はそれにひるんでいたため、嵐の“裏ネタ”を出せるのは『週刊文春』(文藝春秋)くらいだったのだが、活動休止を発表して以降、嵐に関する記事には『待った』すらかからなくなり、いまやどの週刊誌も“書き放題”となっているとサイゾーウーマンが報じた。

嵐、活動休止前に“ネガティブ報道”続出のワケ――ジャニーズから「待った」の声が消えた?(2020/07/13 08:00)|サイゾーウーマン嵐、活動休止前に“ネガティブ報道”続出のワケ――ジャニーズから「待った」の声が消えた?(2020/07/13 08:00)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部