2020/7/12 18:16

『TOKIOカケル』で助言も「説得力ゼロ」冷ややかな声、長瀬智也が見せた“神妙顔”に注目

薬丸裕英

タレントの薬丸裕英が7月8日、「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲスト出演。TOKIOメンバーに「グループは残してほしいな」と語る一幕があった。「この薬丸の発言は、すでに退所の意向を固めたと報じられている長瀬智也に向けての言葉であったことは明らか。番組を見たファンからは、《形だけ残っててもファンはうれしくない》など冷ややかな意見も見られますが、薬丸は22歳でシブがき隊を解散し、事務所も退所。24歳で結婚しましたが、その後もタレントとして芸能界の第一線で活動を続けてこられた“辞めジャニ”としてのレアケース。“ジャニーズ円満退社の先駆者”などともいわれますが、今回の発言は、芸能界の荒波を乗り越えてきた自身の経験からの親身なアドバイスだったのでしょう」と芸能記者は話した。薬丸からのメッセージを、神妙な顔つきで聞いていた長瀬。退所の意向に変化が生じることはあるのだろうかとアサジョは報じた。

「TOKIOは残って」薬丸裕英の言葉に長瀬智也が見せた“神妙顔” – アサジョ「TOKIOは残って」薬丸裕英の言葉に長瀬智也が見せた“神妙顔” – アサジョ

編集者:いまトピ編集部