2020/7/12 12:56

危険すぎる行為に大泣き『イッテQ』ロケ中断で「もうやれません」批判殺到

びっくり

7月5日放送の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)の平均世帯視聴率が18.8%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が15.3%を記録。宮川大輔さん(47)の『お祭り企画』にヤラセ疑惑が浮上したり、6月にはレギュラーメンバーの手越祐也さん(32)が降板するなど、さまざまな騒動も重なり、完全に『ポツンと』が『イッテQ』を“食って”いました。7月5日の『イッテQ』では、ガンバレルーヤが横浜・八景島シーパラダイスでイルカショーに挑戦したほか、「温泉同好会 in 東京」という企画が放送された。ガンバレルーヤのよしこ(29)とまひる(26)は、イルカショーのパフォーマンスの一環として高さ3メートルの飛び込み台から水面に落ちる練習などに取り組んだ。ケガを防止するため、足から入水するように指示を受けたのだが、よしこはうつぶせの姿勢で入水。頭や腹を激しく打ちつけてしまったのだ。よしこはこの飛び込みで恐怖心が芽生えてしまい「もうやれません」と泣き出してしまい、ロケは中断。そこに椿鬼奴(48)が登場し、ガンバレルーヤをサポートするというシーンが放送された。これにネットでは「よしこのヤラセ感すごいわ」「何を泣いてるんだ。さっき一度飛び込んだじゃないか。絶対演技だ」といった声が上がってしまった。個人視聴率では絶好調の『イッテQ』だが、番組のピンチはまだまだ続きそうだと日刊大衆は報じた。

内村『イッテQ』窮地!個人視聴率で『ポツンと』超えも頭打ちのワケ!! | 概要 | 日刊大衆 | 芸能 | ニュース内村『イッテQ』窮地!個人視聴率で『ポツンと』超えも頭打ちのワケ!! | 概要 | 日刊大衆 | 芸能 | ニュース

編集者:いまトピ編集部