2020/7/11 22:40

ギャラは倍に!今や超人気女優も、「使い勝手の悪い女優」に

スカート

ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の怪演で、田中みな実の肩書は、今や「フリーアナ」より「女優」の肩書のほうがしっくりくるようになったかもしれない。『M』のギャラは、1話あたり50万円と言われており、その演技が話題を呼んだことで、次のドラマのギャラは、一気に倍の100万円となってもおかしくないという。田中に“食われてしまった”のが、主演の安斉かれん。7月22日にはニューシングル『僕らは強くなれる。』をリリースするが、それほど大きな盛り上がりとはなっていないように見える。有名俳優がずらりと顔を揃えるNHKの大河や朝ドラならともかく、田中を脇役に抑えておくには、相当に強い主演が必要となるだけに、逆に“使い勝手の悪い”女優になってしまったかもしれないと日刊サイゾーが報じた。

「主演キラー」田中みな実、人気がありすぎて“使い勝手の悪い女優”になった?|日刊サイゾー 「主演キラー」田中みな実、人気がありすぎて“使い勝手の悪い女優”になった?|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部