2020/7/9 15:47

YouTubeで衝撃の暴露『誰かバレバレ』『ガチでヤバい人だったんだな』アノ疑惑も「確定」か

YouTube

7月8日、ボクシングの元WBA世界ミドル級王者でタレントの竹原慎二が、自身の公式YouTubeチャンネルで、2000年頃に放送されたTOKIOによるバラエティ番組『ガチンコ!』(TBS系)内の人気コーナー『ガチンコ・ファイトクラブ』で共演した網野泰寛氏と対談を果たした。
同コーナーは竹原がコーチとなり、街の不良達をボクシングのプロテスト合格まで導くドキュメント企画だったが、放送当時から“ヤラセ”疑惑があり、網野氏は以前、週刊誌や自身のブログ内で“演出”があったことを明かしていたが、今回、当時プロボクサーを目指す気持ちはなく、『3回くらいで(出演して)辞める役だった』ことや、ディレクターが“ストーリー”を用意していたことを暴露。『“役”って言っちゃダメでしょ(笑)』『ヤラセ確定!?』と視聴者の笑いを誘ったようだという。
また、当時の同期生がプライベートで飲んでいたとき、裏稼業の人物と争いになり、割ったビールで腕を刺されて血まみれになった事件も暴露。その被害者の名前はピー音で伏せられていたものの、網野氏が特徴的な方言をマネして喋ったため、『誰かバレバレ(笑)』『ガチでヤバい人だったんだな』と視聴者に衝撃を与えていたと「エンタMEGA」が報じている。

TOKIO、“ヤラセ”確定!? 「ビール瓶で刺された」|エンタMEGATOKIO、“ヤラセ”確定!? 「ビール瓶で刺された」|エンタMEGA

編集者:いまトピ編集部