2020/7/7 18:54

ドラマ『M』最終回で「伝説の放送事故」を美談に『Mステ』生出演時に...あゆかわいそう

浜崎あゆみ

7月4日、シンガーソングライターの安斉かれんと俳優の三浦翔平がダブル主演を務めるドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の第7話・最終回が放送された。ポツリポツリと名残惜しむ声が上がる中、あの〝伝説の放送事故〟を美談に変えたことに対してツッコミが続出している。おそらく、この展開は1999年放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に浜崎あゆみが出演した際、実際に起こったハプニングをモチーフにしていると思われる。これは有名な放送事故であるため、〝裏側〟が明かされたことに視聴者からは、《あれがMAXマサとの別れで泣いたとは、、、衝撃的》などといった感激の声が漏れた。しかし一部では、《気管にむせたあのハプニングが20年越しでこんな美談になるのか》《悲しくて泣いてたようには見えなかった》など、実際はそんな雰囲気ではなかったとの指摘もあったとまいじつは報じた。

ドラマ『M』最終回“あゆ伝説の放送事故”まさかの美談化に総ツッコミ! - まいじつドラマ『M』最終回“あゆ伝説の放送事故”まさかの美談化に総ツッコミ! - まいじつ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(浜崎あゆみ|女性|1978/10/02生まれ|福岡県出身)